リサイクルトナーのメリット

最近は、会社のみならず自宅でもプリンターを使う回数が増えてきました。
公的な手続きで印刷が必要な場合があるので、非常に便利です。
しかし、正規品のトナーは意外と高価なためコストという点での問題があります。
そこで、注目を集めているのがリサイクルトナーです。
リサイクルトナーとは、プリンターなどで一度使用したトナーを回収して、そのトナーを分解し、洗浄、修理、部品交換を行い、インクを補填し、再利用するトナーのことです。
リサイクルトナーは再生トナーとも呼ばれます。

リサイクルトナーの一番のメリットは、価格が安いということです。
インクの容器であるカートリッジ自体を開発したり、製造する必要がないため、自然とトナー自体の料金が下がります。
正規品のトナーと比べると半額以下で購入することができるリサイクルトナーもあるのです。
反対に、カートリッジは何度も使用されるので、品質面で劣るというデメリットがあります。
インク漏れなどの不具合が生じるという事例もあります。

確かにリサイクルトナーは、不具合が生じやすいという問題を抱えていますが、実際の不具合が生じた件数を見てみると、そこまで気にすることではありません。
正規品のトナーであっても不具合の発生率は1パーセント前後あります。
一方、リサイクルトナーの不具合発生率は1〜3パーセントと正規品のトナーとほぼ変わらないのです。

もし、不具合の発生率が気になるのであれば、優良なリサイクルトナー業者を探し、選ぶといいでしょう。
リサイクルトナーの品質は、業者の作業品質によっても差が生じますので、優良なリサイクル業者の選択が重要といえます。
しかし、覚えておいていただきたいのは、どんなに優良な業者でも、不具合が発生するということです。

正規品のトナーでさえ1パーセントほどの不具合発生率があるのに、リサイクルトナーでそれを下回ることはできないのです。
リサイクルトナーを選ぶ際は、安さだけでなく、購入者のレビュー・評価なども参考にするといいでしょう。
また、不具合が出てしまった時の保障・対応がしっかりしているという点も参考にするといいでしょう。